interview archive

← BACK

interview13 <2006/07>
2005年VESTAXの世界大会で3位! -DJ KOBA INTERVIEW-
< 聞き手/ブッダのスタッフ&DJ 北京コックさん>

「DJだけで生活するってことは、やっぱり楽しいですね。他の仕事よりは絶対いいなって思います。」

P : まずコバ君がDJを始めたきっかけから教えてください。

KOBA(以下K):大学の先輩の家でターンテーブルをさわったのがきっかけですね。最初ぜんぜん興味なくて、クラブとかも行ったことなくて、DJってモテるっしょ?ぐらいのノリで‥ で、たまたまその先輩の家に行ってさわったら、やべー!おもしれー!ってかんじで、それからですね。

P : 今までに影響をうけたDJは?

K : 最初の大学の先輩とトシ君ですね。
(※トシ君ことDJTO→Cとは、もともと名古屋のヒップホップユニット「カルテット」のメンバーで現在はフリーで活動中。ルーティーンのセンスは抜群で今後最も注目されるDJであることは間違いない)

P : コバ君ってDJを始めてかなり短期間で大会に出てると思うんだけど、一体どんなふうに練習してたの?

K : やっぱり一つづつちゃんと身につけていって、トシ君にもアドバイスをもらいながらルーティーンの作りかたとかも教えてもらって、あとはひたすらさわってましたね。

P : じゃあトシ君と練習することが多かったんだ

K : そうっすね。オレが勝手におしかけて‥

P : 得意な技は?

K : うーん‥、得意な技というより、オールラウンドってとこかな。右手でも左手でもそこそこスクラッチできてジャグリングもやったり。自信があるとこといえば全体の構成ですね。

P : コバ君は昨年のVESTAXの世界大会で3位という快挙を成し遂げたわけだけど、その時の心境ってどうだった?やっぱ相当緊張したでしょ?

K : それが意外と緊張することもなく落ち着いてプレイすることができましたね。大会には以前から何度か出てたんで場慣れしたというか‥

P : まじで!?(驚!)世界大会なのにそんな落ち着いて挑むことできるんだ?オレなんてただクラブでスクラッチするだけでも人に見られたら超緊張するのに‥

K : そこはとにかく練習でカバーしてます。でも大会の時とかって特になにも考えないでやってます。手が勝手に動いてるってかんじですね。

P : やっぱ練習量の違いだな‥ じゃあ次にコバ君から見て日本人のターンテーブリストのいいとこと足りないとこってなんだと思う?

K : いいとこは、みんなすごいきれいにやるってとこですね。リズムも崩さないし。足りないとこは‥うーん、特にない気もするんですけど、日本人ってわりと地味な気がするんですね。海外のDJだとけっこう派手なことやってたりするし。

P : それはあるかもね。日本人って一つ一つの技に重点をおいてる気がするけど海外のDJはその場の雰囲気とかをすごい気にしてるかんじがする。

MASSAH(以下M):今まで自分は普通のクラブDJとしてやってきてスクラッチのこととかよく知らなかったんだけどコバ君のルーティーンってヒップホップ以外の要素もたくさんあって見てておもしろいんだけどそのへんも意識して作ってるんですか?

K : そうですね。自分ももともとクラブプレイやってたんで全体の流れは大事にしてますね。もっと長いルーティーン作ってもいいかなって思います。30分くらいとかで。

M : コバ君は普通のクラブDJのプレイも参考にしたりするんですか?

K : 参考にしてますね。ムラカミさんとか特に参考になりました。スタイルは違うんですけど、あー、この人相当MIXやってるなーって。

M : 全体の流れを大事にしてるコバ君のスタイルはクラブプレイ中心の僕が見てもすごいおもしろいんですよ。自分もそういうスタイルを取り入れてやってみたいんで是非教えてもらいたいです!

K : DJスクールに来てください(笑)

P : スクールはどんな感じでやってるの?

K : 大須の33KINGってレコード屋さんで週3回(木、金、日)営業時間内でやってます。

M : 入会金はいくらくらいですか?

K : 入会金は無料で1ヶ月10500円で月に4回で1回30分か隔週にして月2回で1回1時間とかでもやってます。

P : なるほど。生徒に教える時どんなことを意識してるの?

K : やっぱり、まず小節をちゃんととってその上でジャグリングやスクラッチの練習をしていきますね。やっぱり音楽である以上小節を意識してやっていくことが前提なんで。

P : 最初は無料体験もできるんだよね?今度うちらも教えてもらおうかな‥

K : 是非きてください。

P : コバ君って今DJだけで生活してるんだよね?自分の好きなことを仕事にするってどんな感じ?

K : やっぱり楽しいですね。他の仕事よりは絶対いいなって思います。

P : 仕事になる前とかってやっぱ親に反対されたりとかもしたの?

K : そうですね。大学出た時とかけっこう親を説得しましたからね。やらせてください‥みたいな。その頃まだ始めて2年だったし大会も勝ってないし、もうちょい続けたいなって思ってたから。でもVESTAXの世界大会の時、親が見に来てくれて、すごい喜んでくれて‥ 親がわざわざ大会まできてくれてそれで理解してもらえたっていうのが本当にうれしかったですね。

P : じゃあ今も応援してくれてるんだ

K : そうっすね。もっと頑張りなさいよって(笑)

M : ところで北京はショウケイスしないの?

P : ・・・オレ? ま、まあそのうち‥ でもコバ君の前でやるのキツイなー

K : しっかり見てますよ。ビデオカメラもって。

P : ・・・(苦笑) じゃあ最後に今後のプランと好きな曲を3曲教えてください。

K : ゆるーいプランなんですけど、機材を今より増やしてもっと音楽的なルーティーンをやっていくのと、自作のバトルブレイク(スクラッチ用レコード)を作っていきたいですね。

P : ありがとうございました。またBUDDHAで隔月にやってるイベント、ART OF BEATSにも是非スクラッチしにきてください。

 

DJ KOBAプロフィール
DMC 2004 JAPAN FINALISTとして大注目を集めたことは記憶に新しい。スクラッチ、ビートジャグリングを基本としたターンテーブルSHOW CASEの中で既存の形とは一味違う彼の最大の魅力は人とは違うネタ選び・展開を重視した、どこまでも飽きさせない構成力。「20歳のときに初めてターンテーブルをさわり、今まで聴くだけだった音楽に手を加える魅力を感じた」と語る彼のSHOW CASE中には"音楽アーティストとしてのターンテーブルSHOW"をまざまざと大胆に魅せつけられる。

DJ KOBA 過去の大会記録
●2005 EXTRA VAGANZA '05 世界大会3位
●2005 EXTRA VAGANZA '05 JAPAN2位
●2005 EXTRA VAGANZA '03 JAPAN FINALIST
●2005 EXTRA VAGANZA '05/'03 名古屋大会優勝!
●2005 DMC '05/04 JAPAN FINALIST
●2005 DMC '05 東海大会優勝
●2004 DMC '04 九州大会優勝

DJKOBA お気に入りの3曲
●「SHADOW / YOUCAN'TGOHOMEAGAIN!」
●「TOMMYBOY / LOVE&HAPPINESS」
●「K-CI&JOJO / TELLMEIT'SREAL」

レギュラーイベント
●最終日曜 @CIPHER THE UNDERGROUND「CIRCUS」
●奇数月第二金曜日 @CIPHER THE UNDERGROUND「FUN FAIR」